辛夷会(東京学芸大学附属高等学校 同窓会)


TOP > 組織と活動 > 事務局よりのお知らせ

東京学芸大学附属高等学校同窓会 事務局よりのお知らせ

同窓会の新しいコミュニケーションの場としてホームページを開設しました。
掲示板や電子会議室のように皆様が積極的に参加できる形を取り、皆様がこれを楽しく活用してくださることを願っております。
同窓会からの情報も、会報を補う形でのフレッシュな情報をお届けします。メールアドレスを利用して先輩や後輩間とのコミュニケーションや、現役や後輩の相談に乗ったり等、多方面 での活用を願っております。


今年度総会のメール開催と懇親パーティーの延期につきまして

2021年7月4日(日)にサンケイプラザホールにて開催を予定しておりました総会・懇親パーティにつきましては、新型コロナウイルスの感染拡大の状況を踏まえ、総会については同時期に昨年と同様にメール開催とし、懇親パーティは一旦11月28日(日)に延期することとさせていただきます。延期後の懇親パーティの詳細につきましてはあらためてご連絡差し上げます。パーティー開催はワクチン接種が加速し感染者数が大きく減少するなど好条件が実現し、会場の着席定員の7~8割まで収容可能人数が増加する場合とし、10月2日に開催可否を判断します。何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

CD版名簿の不備に関するお詫びと対応につきまして

2018年度に制作し、ご希望の一般会員に販売し、特別会員(本校現旧教職員)に提供させていただきました辛夷会名簿(CD版)につきまして、57期D組の名簿欄に誤って57期C組の名簿が掲載されており、57期D組の情報がそっくり欠落していることが判明いたしました。CD版名簿をお持ちの皆様には心よりお詫び申し上げます。今回の対応といたしまして、CD版名簿をお持ちで57期D組のページを必要とされる方には当該ページのPDFファイルをご提供いたしますので、恐れ入りますが下記まで電子メールにてご連絡ください。折り返しファイルのダウンロード方法をご連絡いたします。以上宜しくお願い申し上げます。

辛夷会・名簿担当
メール: meibo-g(アットマーク)taizanboku.gr.jp
※お問い合わせの際は(アットマーク)を@に置き換えてください。

2021年度総会・懇親パーティーについて

2021年度総会・懇親パーティーにつきましては、先にお送りした会報誌「泰山木No.37」におきまして、2021年7月4日13:00から、東京サンケイビル4F「サンケイプラザホール」にて開催する旨ご案内申し上げておりますが、今後の新型コロナウイルスの感染状況を踏まえて、延期や中止を含め開催を変更する可能性があります。

変更の有無につきましては、4月20日(火)までに決定し、ホームページ及びメールにてご連絡申し上げる予定です。

当日の会費につきましても「6月11日(金)までに指定の口座にお振込みください」とお伝えしておりますが、変更の有無の決定まではお振込みをお待ちいただきますようお願い申し上げます。

後援会泰山会事務局員の募集

同窓生の皆様

現在、附高後援会の事務は、主に妙高寮の運営を担当している13期生の森下さんと経理事務の担当者の2名が担当しております。
近時、会員からの指摘を受け、一般社団法人として、事業報告書など法令に定められた書類の作成・整備が求められ、業務の質が高くなり、業務量も増えてきております。

そこで、このような業務をお手伝いしてもらえる方に事務局加わってほしいとの要望が出され、60歳ていどの同窓生にお声をかけております。ご自身で応募される方はもちろん、適任と思える同窓生をご存じの方も、下記応募先にご連絡くださいますようお願いいたします。

定年後の数年間を母校の後援会の運営事務にご協力いただける方を募集しています。

1)仕事の内容:
妙高寮運営担当の事務局員、経理担当の事務局員と協力して、次のような業務に従事していただきます。

①定例的な業務:
・定時総会提出書類(事業報告、計算書類、議案書など)の文案を作成する。
・総会運営の準備(招集通知、総会進行シナリオ、想定問答集作成など)をする。
・総会議事録・理事会議事録の文案を作成し、役員の押印を受ける。
・会員名簿を作成し、会員数・議決権数を掌握する。
・後援会の会費及び学校から受託した学納金の収納事務を、経理担当者と協同で行う。

②定例的ではない業務:
・業務マニュアル、規程類の整備(必要に応じて定款の変更案作成)
・後援会職員による学校業務への従事など後援会運営上の課題解決策の検討

2)勤務条件:
定時会員総会前の4月、5月の業務量が特に多く、かなり繁閑がありますが、平均週2日程度勤務していただきます。
・勤務開始は、2021年4月です。
・勤務時間は原則9時から17時まで。
・勤務場所は原則附高内事務室です。
・高くはありませんが、給与と通勤費をお支払いします。

3)応募先(問合せ先):
附高内後援会事務局  森下  電話:03-3422-1997
メール: m.morishita(アットマーク)gakugei-hs.setagaya.tokyo.jp
※「アット」を「@」マークに変えてご利用ください。

(一社)東京学芸大学附属高等学校後援会泰山会 会長 染谷 泰寿

辛夷会ホームページの再開について/当会メールアカウントの外部からの不正使用事案について

辛夷会ホームページの再開について

辛夷会会長 武田 佐知子

辛夷会ホームページにつきましては、去る7月6日に当会メールアカウントに対し外部からの不正使用があったと思われる痕跡が確認されたことから、ホームページ、メールシステムの運用を停止し、必要な調査、セキュリティ強化のための検討を行ってまいりましたが、このたび一応の確認、必要な措置が完了したことを踏まえ、システムを再開いたしました。

本件に関する経緯につきましては下記の「報告」をご覧ください。
会員の皆様にはご心配、ご不便をおかけいたしましたことを、改めてお詫び申し上げます。
今後は更なるセキュリティの厳格化を図り、再発防止に全力で取り組んで参ります。どうかご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

報告

当会メールアカウントの外部からの不正使用事案について

2020年6月26日夕刻、辛夷会事務局のメール連絡網に、他のサイトに誘導する英語文面メールの不達通知が大量に入り始めました。7月6日に、当会のメールアカウント toi-kaihi(アットマーク)taizanboku.gr.jpに外部から不正使用されたと思われる痕跡が確認され、管理者がPWを変更。7月7日に、この事象が止まったことを確認しました。サーバーログが一部しか得られず詳細は不明ですが、いわゆるPW総当たり攻撃(ブルートフォースアタック)により上記アカウントのPWを窃取され、第三者によりスパム送信の踏み台にされたものと推定しています。不正送信総数は数十万に達した可能性があります。当該アカウントPWは英大文字小文字数字8桁のランダム配列でした。このPW不正窃取により、当会と会員との間の一部メールが当該不正使用者に閲覧可能な状態になりましたが、実際に閲覧されたかどうかは不明です。ここで対象となるメールは、2017年12月から2020年6月30日まで当会に対して会費関連の問い合わせをされたもので、HPの「同窓会への連絡」>「会費納入に関するご連絡、お問い合わせ」ボタンを押してのやりとりを含みます(同一の方との複数回のやり取り等も含めて、総数321通)。ここには氏名・メールアドレスに加えて、一部には住所・銀行口座番号等の個人情報が含まれていました。9月17日に、それらのメールアドレス(128個)に対し本件事案発生のご通知をお送りしました。

辛夷会は、これまでも個人情報取り扱い業務にあたり、厳格な取り扱い・管理の徹底 に努めてまいりましたが、このような事案が発生したことを踏まえ、ホームページ、メールシステムを全面的に運用停止し、更なる調査とセキュリティ強化策の検討を鋭意進めてまいりました。なお、今までのところ、被害のご連絡はいただいておりません。そして、このたび一応の確認、必要な措置が完了したことを踏まえ、システムを再開いたしました。

本件に関するお問い合わせは、引き続き下記問い合わせ先アドレスの調査委員会でお受けしております。また、関連すると思われる不審な事象がありましたら、調査委員会までご連絡をいただきますようお願い申し上げます。今後は更なるセキュリティの厳格化を図り、再発防止に全力で取り組んで参ります。どうかご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

調査委員会委員長 室城 信之
お問い合わせ先:security_committee(アットマーク)kobushikai.onmicrosoft.com
※お問い合わせの際は(アットマーク)を@に置き換えてください。

令和2年度総会懇親パーティー中止について

7月5日(日)に予定しておりました総会の懇親パーティーは中止とし、会議としての総会については開催方法等について別途検討することといたしましたので、ご連絡申し上げます。
なお、既に当日の会費をお振込みいただいた方には、返金をさせていただきます。

令和2年度幹事会について

令和2年度幹事会につきましては、新型コロナウイルス感染拡大の情勢を踏まえ、幹事の皆様にお集まりいただく形ではなく、電子メールで意見をお聴きする形で実施することといたしました。
幹事会の審議事項、報告事項に関する資料を、ログインのうえご確認ください。
また、6月中に、幹事の皆様との意見交換会をオンラインで開催の予定です。
昨今の情勢をご賢察の上、今回の措置について御理解を賜りますようお願い申し上げます。

令和2年5月 辛夷会会長 武田佐知子

同窓会口座振替のお知らせ 引き落とし日2020/3/27

辛夷会会費の口座振替をお申込みいただきました会員の皆様へ、振替の期日をご案内致します。

いつも辛夷会の運営にご理解とご協力をいただき、幸甚に存じます。
このたびは、口座振替をお申込みくださいましてありがとうございました。
同窓会報(泰山木2019 No.36)でお知らせしたとおり、辛夷会会費制度改定に伴う2020年度の会費の口座振替を実施いたします。

口座振替(引き落とし)日は、2020年3月27日です。また、既に昨年度以前に なお、口座振替申込書の不備により、今回の引き落としができなかった会員につきましては、別途引き落とし日を設定いたします。日程はあらためてご案内いたしますので、よろしくお願いいたします。

会費納入会員:卒業から6年(※)を経過した方(2020年度は58期以前が対象)

【引落額内訳】※未来基金の詳細につきましては、同窓会報(2017 No.34)をご覧下さい。

泰山会未来基金※ との
マッチング(合計額を引き落とし)
年会費 未来基金
寄付額
引き落とし額合計
マッチングを行う 1,500 500 2,000
マッチングなし 1,500 0 1,500
振替申込時に特に指定なし 1,500 500 2,000

2019年度以前に口座の引き落としがなされた56期・57期の方については、今年度上記(※)の取扱いに変更したことを踏まえ、2020年度分の会費引き落としはいたしません(初年度納付額のうち1,500円を来年度会費に充当)。
また2017-2019年度会費3年分5,000円納付済みの方は、2020年度の年会費を調整して1,000円とします。

同窓会会費納入のお願い

同窓会は皆さまからいただいている会費で運営されています。お一人でも多くの方々からの会費納入をお願いします。
2020年度の会費からは単年度制とし、2019年12月1日からその取り扱いを開始します。会費制度移行については会報No36をご参照ください。

*2017年から「附高未来基金」への寄付を年会費納付とセットで実施できる「マッチング寄付制度」(500円/年)を導入しています。

*「附高未来基金」については当HP>事務局よりのお知らせ>「「附高未来基金」へのご協力をお願いします!」の記事を、また、「マッチング寄付制度」の詳細は会報No34の裏表紙を、ご参照ください。

会の事務合理化のため口座振替を極力ご利用いただきたくお願いします。

1.口座振替による方法

会費額(年額):1,500円です。
マッチング寄付をする場合は、年会費1500円+500円で年額2000円となります。

手続き:下記ダウンロードリンクより、
①口座振替依頼書、②依頼書記載要領見本、③依頼書記載方法
をダウンロードしてください。①口座振替依頼書を印刷して
②依頼書記載要領見本、③依頼書記載方法に従い、
(1) 必要事項を記載
(2) 銀行印を押印
した上で、以下の辛夷会事務局へお送りください。

口座振替依頼書送付:
〒154-0002 東京都世田谷区下馬4-1-5
東京学芸大学附属高等学校内 辛夷会 行

お願い:口座番号の記載漏れ、銀行印の押印漏れなどの記載不備が大変多くなっております。返送し、書き直しをお願いすることで手続きも遅延します。送付前に、記載等の漏れがないか、よくご確認くださいますようお願いします。

2.銀行振込による方法

会費額(年額):2,000円です。
マッチング寄付をする場合は、年会費2000円+500円でお支払額2500円となります。

*振込に際しては、お名前の前に会員IDを記載ください
(例 010A101 スズキ イチロウ)。
会員IDが不明な場合でも必ず期・組をご記載ください
(例:10期A組の場合は010Aスズキ イチロウ)。
会員IDか卒業期・クラスの情報がないと同姓同名の会員を特定できず、 事務処理ができない場合がありますので、忘れずにお願いします。

*マッチング寄付をされる場合は、お振込の際にその旨をtoi-kaihi@taizanboku.gr.jpまでご一報いただきますようお願いします。

*振込先口座は以下の通りです。恐縮ですが送金手数料はご負担ください。

振込先
三菱UFJ銀行 阿佐ヶ谷支店
普通口座 0069784
口座名 「辛夷会 東京学芸大学附属高等学校同窓会」

*会費についてご不明な点があれば、HPのトップページ>「同窓会への連絡・お問い合せ」>「会費納入に関するご連絡、お問い合わせ」からお問合せください。

みなさまのご理解とご協力をお願いします。

会員活動支援費をご活用ください!(利用条件、利用方法が変わりました)

会員活動支援費は、同窓生の活動を活性化するお手伝いとなるべく、2016年度に試行を 開始、その後正式事業として実施しているものです。対象はクラス会、同期会、OBOG会、職域の集い等、多岐にわたり、辛夷会ネットワークとしてそれぞれのところで旧交を温め、情報を交換し、絆を深めるお役に立てていることと思います。

利用条件
  1. 対象は10名以上の参加者のあるクラス会、同期会、OBOG会、地域、業界、職場 での同窓生の集まりです。但し、辛夷会総会・懇親パーティ会場での集まりは対象外 とします。
  2. 同一団体に年1回の補助です。2019年度は予算50万円の範囲内で実施し、限度額に達した時点で終了とします。
  3. 補助金は10名以上の会合に1万円、30名以上に3万円です。ただし、同窓生でない 先生や家族は人数に入りません。
  4. 同窓会活動活性化を目的とする事業です。会合の幹事の皆様は、参加者に「辛夷会 HPの周知と会員情報・メールアドレスの登録」「同窓会事業への積極的参加」と、会費未納の方への「会費納入*」を、お勧めくださいますようお願いいたします。

    *口座振替制度を導入しました。2017年発行の『泰山木NO.34』やHPの「同窓会会費納入のお願い」を参照してください。

利用方法
  1. 開催日の1週間以上前に、辛夷会宛て(下記)に申請して下さい。

     団体名(会合名)と主旨、日時、場所、集合予定人数、幹事の連絡先
     開催案内があれば添付

    (辛夷会からお送りする資料がありますので余裕を持ってご連絡ください。)
  2. 開催後すみやかに(1ヶ月以内)辛夷会HPに掲載する原稿(600字程度で開催状況を紹介)と、参加者リスト(期・組・氏名)、参加人数が確認できる写真をお送り下さい。
    活動支援費を送金する振込先口座をご指定ください。
    (期限を過ぎた場合には申請の取り下げとみなしますのでご注意ください。)
同窓会への連絡はこちらから

名簿の発行時期について

名簿の発行が大幅に遅れておりますこと、大変申し訳ございません。
個人情報保護法による再確認手続きなどに手間取っておりましたがようやくCD版の制作を開始、11月末には発送の予定です。
代金払込済の皆様には大変長くお待たせいたしましたことを深くお詫び申し上げます。
もう少しでお手元に届きますのでよろしくお願い致します。

武田新会長より新任のご挨拶

(※クリックで拡大)

新会長の就任のご挨拶

「附高未来基金」へのご協力をお願いします!

泰山会からのお知らせ

創立60周年を記念し「附高未来基金」を創設しました!

今年母校は創立60周年を迎えました。この間、母校が我が国の高校教育の先導的役割を果たすとともに、すぐれた人材を輩出してきたことは周知の事実です。卒業生の皆様のご活躍が学校の評価に分かちがたく結びついていることを思うとき、あらためて皆様のご努力に感謝申し上げる次第です。今後も歴史と伝統に安住することなく、母校が我が国の高校教育の先導的役割を果たし、かつ、すぐれた人材を育成し続けていくためには、何より安定した財政基盤を確立したうえでの教育環境の整備が不可欠です。この目的を果たすべく、「附高未来基金」を創設しました。ぜひ本基金の趣旨にご賛同いただき、ご寄付にご協力をお願いいたします。


母校の現状

国立大学の法人化に伴い、年々国からの予算が縮減されていく中で、母校はきわめて厳しい財政状況におかれ、パソコンやネットワーク関係を含む情報教育関係費、図書費、教材・備品の購入、下馬の校舎設備の営繕補修等々、泰山会(PTA・後援会)の助成なしには正常に運営できない状況となっています。先生方のご尽力により外部資金を獲得して先進的取組が展開されているものの、妙高寮の改修や備品の更新にも多額の費用がかかっており、これまでの修繕積立金を切り崩している状況です。


妙高寮の今

かつて株式会社泰山会が運営していた妙高寮は、現在は現役生徒の保護者によって構成される一般社団法人後援会泰山会によって運営されています。林間学校での妙高登山は毎年行われ、スキー教室も坪岳スキー場は廃止されましたが引き続き妙高寮を拠点にして実施されています。林間学校やスキー教室、クラブ合宿等を支えてきた、卒業生の皆様にとってもかけがえのない思い出の場所である妙高寮は、築47年を経過しました。昨年度は大規模な修繕工事を行い、除雪用のブルドーザーも更新しましたが、耐用年数を超えた機材を数多く抱えています。一方、妙高への交通手段は、新幹線や高速道路の利用で所要時間が大幅に短縮され、来年春には北陸新幹線が金沢まで延伸、上越妙高駅からのアクセスも可能となります。


ご寄付のご案内

受付期間 毎年度4月1日~翌年3月31日

受付金額 1口2,000円(1口以上、何口でも結構です)

支払方法
郵便振替の場合
「払込取扱票」の通信欄に、「卒業期・クラス」に「未来基金」とご記入の上、「郵便振替口座00180-8-98237 加入者名 東京学芸大学附属高等学校」宛

銀行振込の場合
振込依頼人の氏名の欄に、卒業期とクラスを「23D氏名」のようにご記入の上、「三菱東京UFJ銀行 祐天寺支店 普通61794 口座名義 東京学芸大学附属高等学校校長原田和雄」宛にお振込みください。

文責・泰山会会長 山﨑健司(23D)