東京学芸大学附属高等学校 同窓会 同窓会の窓


TOP > 会員情報 > お知らせ・投稿・人物往来 > 同窓生から

東京学芸大学附属高等学校同窓会|会員情報|お知らせ・投稿・人物往来|同窓生から

2017年

【バックナンバー】過去の<同窓生から> 


投稿先:メールはこちらから

国土交通省附高同窓会 開催報告

2017年11月 記

10月13日(金)、夏に国土交通省を退官された附高OBの先輩のもと、国土交通省に勤めている附高OBOGで集まりました。場所は赤坂の中華料理店です。幹事は社会人3年目組で務めましたが、私たち幹事が入省してからは初めての同窓会開催となり、当日まで期待半分、不安半分といった気持ちでした。

23期から55期まで、14名が出席しました。夏に退官された先輩のこれまでの御功労に敬意を表し、感謝申し上げるとともに、世代を超えて、辛夷祭や先生方のこと、部活、各代の有名人についてなどの話題で盛り上がり、楽しいひと時を過ごすことができました。皆さんで話しているうちに、「職場の上司、部下」から 「附高の先輩、後輩」へと変化してきたのではないかと思います。

附高周辺のお店など時代とともに変わっていくものがある一方で、辛夷祭への熱い思いや妙高登山やマラソン大会での自らとの戦いなどいつまでも変わらないものもあるということを改めて感じました。

同じ高校を卒業して職場も同じくするという御縁を大切に、今後もまた集まることができたらと考えています。今回出席できなかった方も次回はぜひお願いいたします。また、これからも附高の後輩が国土交通省に入ってきてくれると嬉しいです。そのためには熱心に仕事に取り組み、一緒に働きたいと思ってもらえる先輩にならなければいけないですね。

またの機会を楽しみに、日々頑張っていきたいです。

文責 55期 吉見

国土交通省附高同窓会

8期F組クラス会報告

2017年11月 記

2017年10月15日(日)に渋谷の和食料理店「権八」で8期F組のクラス会を開催しました。3年前の8期同期会で顔を合わせている人はいるものの、クラス会としては10数年ぶりで、懐かしい再開の場になりました。久しぶりなので一体何人が集まってくれるか不安もありましたが20名の参加希望があり、仕事や悪天候のため2名が来られず、最終的に18名の参加となりました。中には高校卒業以来(53年ぶり)という人もいました。以前に長らくクラス会幹事を担当してくださった矢澤君から開会のご挨拶を頂き、乾杯で皆の健康を祝してから、にぎやかな会食の時を過ごし、参加者全員から近況報告を行いました。

私たち8期が高校で「奥の細道」などを教わった中西先生が、米寿を迎えられた今もなお毎月中野で講話を行っておられ、その集まり(中野万葉会)に参加していることの報告もありました。自分で翻訳した本を持ってきた人もいました。会が進むにつれ、いつしかタイムスリップし、50数年前の高校時代の真っただ中にいるような不思議な感覚になりました

私たちは現在72歳又はもうすぐ72歳になります。皆それぞれ人生のいろいろの苦労を乗り越えてきたに違いありません。でもこうして皆で元気に、何の屈託もなく笑顔で会えることが素晴らしいと思います。今回は18名の参加でしたが、次回は是非さらに多くの参加者を迎えることができるように、そしてこれからはもっと頻繁にクラス会を開催することを約束し閉会としました。

クラス会幹事:野口茂子、橘 邦隆

8期F組クラス会

20期還暦記念同期会・開催報告

2017年11月 記

昨年5月に「卒業40周年同期会」を開催(160人余が出席)した我が20期ですが、同期会の準備に当たった各クラスの幹事から「還暦記念の同期会を!」という声が上がり、今年も同期会を企画することとなりました。

10月21日(土)の午後、会場の東京ドームホテルには、事前に申し合わせた「ドレスコード」どおり、「59歳はピンクの『何か』を、60歳になったら赤い『何か』を」身に着けた110人の同期生が出席。出席者が持ち寄ったグッズ(男性用高級育毛剤やお米、砂糖、酒など盛り沢山)を賞品にした「〇×クイズ」や、「クラスを越えた同期の交流」を創出すべく企画した「同好会の立ち上げ」で盛り上がりました。

同好会は「文化・芸術同好会」「スポーツ同好会」「大人の遠足」「飛翔の会(上手に歳をとりたい)」という4つのテーマで立ち上げ。グループ運営ウェブ サイトを活用して連絡を取り合い、今後、それぞれのテーマでいろいろな活動を展開する予定です。

さあ、次に同期が集まるのは何年後かな?

文責 20期 室城信之

20期還暦記念同期会

バドミントン部OB・OG会2017秋 開催報告

2017年10月 記

バドミントン部では、23期の卒業3年目(昭和56年)に春・秋のOB・OG会を開催しましたが、これが現在まで連綿と続いています。 日中は高校の体育館でバドミントンを楽しみ(これを「1次会」と呼んでいます)、夜は、場所を移して懇親を深めます(「2次会」)。この他、自主的に1次会・2次会の間に銭湯に寄る者、居酒屋で乾杯の練習をする者もいます(「1.5次会」)。

「2017年秋」は去る10月14日(土)に開催され、「ラケットを握るのは20年ぶり」の人も含め、23期から60期まで、1次会36人、2次会25人が参加しました。

1次会の試合はコートに入る機会を多くすべく(実は、体力的な問題もあり)、専らダブルスで行います。ペアは試合ごとに幹事(今回は59期)が期や男女、レベルを勘案して組みます。「往年の名コンビ」、ふたり足して100歳を軽く超える「お達者ペア」や親子以上に年の離れた「凸凹ペア」も誕生します。絶妙なマッチメイクが行われ、目にもとまらぬ激しいラリーの続く試合から、笑いの絶えないほんわかした試合まで、誰もが楽しく、怪我もなく、良い汗をかくことができます。 また、1次会には現役生も参加し、審判等の手伝いをしてくれます。交代でOB・OGとペアを組んでコートに入って貰うので良い練習にもなるでしょうし、会の雰囲気を知ることで卒業後も参加しやすくなると思います。

なお、渋谷の居酒屋での2次会も楽しく盛り上がり、皆で「2018春」での再会を約束したことは言うまでもありません。

文責・朝比奈(23期)

バドミントン部OB・OG会2017秋

新潟附高会 開催報告

2017年10月 記

今年度9月22日、新潟駅万代口付近にて新潟附高会を開催いたしました。幹事は新潟大学5年(附高56期E組卒業)の出内が務めさせていただいています。

近年は新潟大学医学部の学生と、卒業し新潟県内で活躍されているドクターのみでの開催となっておりました。今年度は新社会人として新潟に赴任された57期のお二方(共にメディア系)、そして新潟に単身赴任でいらしている31期の大先輩(メーカー系)も参加してくださることとなり、上は31期から下は60期までなんと歳の差29年、互いの業種紹介や教科担任の先生、附高の歴史や懐かしの校舎に関して思い出を語り合うなど、例年にない盛り上がりを見せて盛会のうちに終了しました。

ここ数年は毎年新入生も新潟に来ており、先生方も口コミで参加人数を増やしていただき年々拡充されている新潟附高会ですが、来年からはさらに宣伝を重ね、新潟で活躍されている附高生でお互いの近況を報告し懐かしい青春を語り合う会にできればと考えております。今年卒業予定の2名も新潟に残る方向で検討しているとのことです。新潟においでになっている方がいらっしゃいましたら、この辛夷会を通して我々にご連絡いただければ幸いです。新潟附高会への参加、お待ちしております。

文責 56期 出内 主基

新潟附高会

12期 増田政久 千葉医療センター病院長退任記念祝賀会

2017年8月 記

去る7月8日に、千葉医療センター病院長を9年間務められた12期増田政久先生の退任記念祝賀会が、三井ガーデンホテル千葉で開催されました。
千葉県の医療関係者や三名の衆議院議員、東金市長、九十九里町長等々総勢二百名を越える盛大な会となりました。
増田先生の地域医療に対する長年のご貢献と熱意の賜物と感服した次第です。
先生のお人柄を反映して、祝辞の多くは仕事量や酒量に触れる楽しいお話ばかりでした。
当日は附属高校の卒業生が7名も出席していたため、記念写真を撮影しました。

左から横手幸太郎26期F 千葉大学大学院教授内科学、
重田みどり22期D 千葉医療センター教育研修部長・小児科医長、
三木格13期D 大興電子通信相談役 、
森英介11期G 衆議院議員、
増田政久12期D 東千葉メディカルセンター理事長心臓外科、
山岸 浩史44期B 草加市立病院内分泌代謝内科、
鬼頭浩之23期E 千葉医療センター心臓血管外科(以上、敬称略)。

文責 26期F組 横手幸太郎

12期増田政久千葉医療センター病院長退任記念祝賀会

31期 卒業30周年大同窓会 150名超!

2017年7月 記

2017年7月1日(土)、大手町サンケイビルでの高校同窓会総会に引き続き、夕刻、新宿の京王プラザホテルにおいて、31期 卒業30周年記念大同窓会が開催されました。

この夜、集まった総勢は、3年時の担任だった3名の先生方――五十嵐一郎先生、小笠原篤宏先生、小泉仁先生、――を含めた150名超という盛大な会となりました。
今回は30周年ということもあり、各組がメーリングリスト、フェイスブックのグループ、同窓会サイトなどを駆使して連絡をとり合った結果、日本全国から参加者が集い、海外で活躍中の同級生も帰国して参加してくれました。また、結成した幹事団の中では、連絡先不明の同級生情報を共有して連携することで、連絡先が判明することもありました。例えば、姓名で検索すると論文を書いていたり、特許を申請していたりと活躍している同窓生については、勤務先や大学に電話をかけたり、手紙を送ったり……。親同士が連絡をとっていることが判明!というような附属中、附属小から家族ぐるみのお付き合いがある附属ならではの連絡先獲得もありました。

大同窓会当日は展示コーナーを開設して、各分野で活躍する同期生の作品や出版物などを展示できるようにしたり、卒業アルバムも準備して名前と昔の写真を確認できるようにしました。
今回は、写真や映像がまとまって残っていないという25周年の反省を生かして、事前に写真担当を決め、写真担当の撮った写真は翌日からGoogleの共有サイトにアップして参加できなかった人たちにも即共有しました。また、映像を専門家に撮影してもらい、担任の先生方にプレゼントするとともに、共有サイトで全ての同級生に共有する予定です。

次回は35周年に集まろうと口々に言いながら深夜の街へと消えていきましたが、そんなこと言わずにもっと頻繁に会いたいものです。

文責:加賀谷 毅(31G)

31期卒業30周年大同窓会

NTTグループ泰山会開催報告

2017年7月 記

NTTグループ泰山会は、NTTグループに勤める附高卒業生の集まりです。
有志の声かけにより、NTTグループ内に勤める附高卒業生の情報交換の場として 1998年に発足し、現在は半年に一度開催されています。

今回は、2017年5月19日(金)に麹町のイタリアンレストラン「ビアンカーネ」で開催され、 16期から54期といった幅広い年代の26名が集まりました。
美味しいイタリア料理とワインを楽しみつつ、
研究所系小会社が合併してNTTテクノクロスが誕生したといった業務の話題、
マラソンで完走したといったスポーツ等のプライベートな話題で大変盛り上がり、
楽しい会となりました。
前回に引き続き、53期、54期の参加者が7名と多く、NTTグループ泰山会の輪が広がり続けていることを 改めて感じさせる会でもありました。

NTTグループ泰山会では、NTTグループに勤めている方、以前勤めたことのある方、 これからNTTグループに勤めようという方のご参加をお待ちしております。
次回のNTTグループ泰山会は、22期の香月重人さんと54期の金原祐衣さんが幹事となり、
2017年11月22日(水)又は同12月1日(金)に開催予定です。

ご興味のある方は、廣瀬貴史さん(27期 NTTアドバンステクノロジ株式会社)もしくは 佐田敦彦さん(29期 NTTアクセスサービスシステム研究所 NTTグループ泰山会メーリングリスト管理者)までご連絡ください。

53期 中田早紀

21期合同クラス会の報告

2017年7月 記

21期にとって2017年は卒業後40周年。7月1日に開かれた同窓会総会・懇親パーティーには、「周年期」のため通常6000円の会費が半額になるとあって、約80人が集まった。この後、午後4時から同じサンケイビルの2階上にある「吉今」に会場を移して開かれた合同クラス会では、なんと約130人が参加し、水江彰一先生(B組)、蛯原志郎先生(C組)、丹伊田敏先生(H組)も駆けつけてくださった。

合同クラス会は梶川幹夫くん(C組)の司会で行われ、まず先生方が近況報告。水江先生からは、最近まで大学で英語を教えていたこと、附高のゴルフコンペで昨年優勝したことなどが、今年85歳の蛯原先生からは、奥様とパソコンスクールに通った話や、辛夷祭で囲碁部の部長の女子生徒と対局したが、とても強かったという話が、丹伊田先生からは定年後、中高一貫校の校長を務めた後、今では引退して海外旅行三昧の生活を送っている話が披露された。今年喜寿を迎えた水江先生には、B組からお祝いのワインと、バラ、カーネーション、かすみ草の花束が贈られた。

合同クラス会の呼びかけ人の一人である三宮敏郎くん(A組)の発声で乾杯した後は、しばしの歓談。少し離れた掘りごたつの座敷でクラス水入らずの再会を楽しんだのは、B組とH組。メーン会場となった大ラウンジでは、クラスごとにテーブルを囲んだ後、次第にクラスの枠を超えての交流になり、中には高校時代にあまり話せなかった相手と40年越しの雑談を楽しむ姿も見られた。最後は、兵頭(旧姓三浦)晶子さん(E組)と共に学年代表幹事に就任した児玉望くん(B組)の呼びかけで、還暦での再会を誓い、3時間にわたる飲み放題、騒ぎ放題の宴の幕を下ろした。

文責・服部=F組

21期合同クラス会の報告

ホッケー部創部50周年祝賀会

2017年7月 記

6月17日、ホッケー部創部50周年祝賀会が青山IVYホールで開催されました。

ホッケー部は12期生が2年の3学期、1967年2月に創部され、42期の時に女子チームが発足しました。東京都にある高校ホッケー部は男子4校(学習院高等科、早稲田高等学院、成城学園高校)・女子3校(小野学園女子高校、成城学園高校)ですが、インターハイや全国選抜に進出するには、都大会で優勝のうえ関東大会で上位の成績を残さなければなりません。男子はインターハイ7回・全国選抜1回、女子は全国選抜2回というのがこれまでの戦績で、58期女子の全国選抜ベスト8が最高成績です。

さて、当日は約150名のOBOGが集まり、歴代顧問の先生方から糟谷先生・山下先生・若宮先生、現顧問の田中先生、東京ホッケー協会・一川副会長、外部コーチなどご来賓にもご来駕をいただきました。

ホッケー部では毎年慣例の新春OBOG戦を開催しているので、顔馴染みもたくさんいるのですが、やはり50周年ということもあって初顔のOBOGも多く、「久しぶりだナ!」「変らないネ!」などの声があちこちで聞かれました。

会場には12期から現3年生の62期までの懐かしい画像が映し出され、また、50年の歴史を綴った「ホッケー部50年記念誌・豊杖記」と記念品が参加者全員に配られました。

「次回は60周年か」という声に、シニアOBから「10年は待てない!」と注文がついて、どうやら55周年祝賀会を目指すことになりそうです。

参加者が多いため、記念写真は12~50期と51~62期の2回に分けて撮影しました。

ホッケー部OBOG会 会長 渡辺孝雄(12E)

12~50期ホッケー部創部50周年祝賀会12~50期
51~62期ホッケー部創部50周年祝賀会51~62期

11期生卒業50周年記念同期会

2017年7月 記

附属高等学校11期生は2017年をもって卒業50周年を迎えました。去る4月16日(日)、春爛漫、うららかな晴天の清澄公園内大正園にて同期会が開催されました。卒業時は316名ですが、当日の会は飛び入りを含めて100名には届きませんでしたが、90余名の参加者を数えました。じつは3年前にも入学50周年を記念して同様の同期会を同所で開催しています。3年前を大きく上回る参加者に50年の歳月がどこかに飛んでいったような慶びに浸りました。

開宴は午後1時でしたが、気の早い人は12時前から公園入り口付近でうろうろ、いい歳をした老人どもがたむろする始末です。家にいてもやることもなく、早めにでかけておしゃべり三昧です。老人どもと言っても、皆さん元気で心配はするものの認知症や老老介護にはほど遠い感じです。3年前に来られなかった方たちも多数参加され、一目見て再会を喜ぶひと、昔の面影どこへやら、名乗りあってようやく昔に帰るひと、それぞれに50年の年月をかみしめたひとときでした。残念ながら参加できない方も多数あり、また故人も少なくありません。故人の霊に黙祷し、我々の再会を祈念してお開きと相成りました。

次回は古稀かとの声も上がりました。このような盛大な同期会を運営できるか分かりませんが、2年後であればまた多数の皆さまとお会いできるのではないかと楽しみです。

11期生卒業50周年記念同期会

追悼・新津金弥先生、16期H組

2017年6月 記

2017年5月14日、16期H組のクラス会は新緑の青山霊園に眠る新津金弥先生の墓参でスタートしました。
ここに至るまでの経緯は次のとおりです。

2015年7月12日、新津先生が米寿を迎えるにあたり渡邉和廣君や飯田憲君の呼びかけで久方ぶりにクラス会が成城学園前で開かれ、先生を囲み昔話に花が咲きました。
一同、先生のお元気さや記憶力の良さに感心するとともに、当時の思い出を綴る米寿記念の文集を作ることとなりました。
鈴木響子さんを中心にまとめた文集の原稿は、先生やご家族にも読んでいただき大変喜んでいただけました。
そして、2016年5月に出来上がった文集(写真1)は2016年の9月に行われるクラス会でお渡しすることとしていました。

写真1 米寿記念文集写真1 米寿記念文集

ところがその会は、急遽先生を偲ぶ会に様変わりせざるを得ませんでした。
先生は2015年のクラス会に出席した直後から体調を崩されており、2016年8月8日8時に88歳の生涯を閉じられたことを、多くの仲間は学芸大学駅前でのクラス会の場で知りました。

前回のクラス会で撮った強面の新金にしては珍しい?笑顔の写真(写真2、撮影:古屋和彦)とかげ膳を囲み、在りし日の先生を偲びました。

写真2 米寿祝いの新津先生写真2 米寿祝いの新津先生

席上、次のクラス会はお墓参りをしようということになり、今般16名の有志が墓前に花を手向けました(写真3、撮影:飯田憲)。 墓参後は、青山霊園から程近い乃木坂のイタリアンまで歩き、献杯後40数年前に戻ったひと時を過ごしました。

写真3 青山霊園に墓参写真3 青山霊園に墓参

ここに改めて、新津先生に2年間担任いただいたことを感謝申し上げますとともに、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

文責:荒田和之

18期G組クラス会開催

2017年5月 記

3月4日(土)たまプラーザに於いて、18期G組クラス会を行いました。
当日は、担任の岩淵先生をはじめ、16名が参加し、旧交を温めました。

久しぶりの開催のため、連絡先が変わっている方には連絡が行かず、申し訳ありませんでした。次回は来年(2018年)6月を予定しています。連絡先が変わった方、または情報をお持ちの方は是非連絡をくださるようお願い申しあげます。次回の幹事は坂田君と吉田さんです。

18G 鈴木 茂

バレーボール部OBOG会を開催

2017年4月 記

3月26日(日)、附属高校体育館で、男女バレーボール部合同のOBOG会が開催されました。
雨天で肌寒い一日でしたが、29期~60期のOBOG62名が集まり、現役生39名とあわせ参加者100名を越える活気のある会となりました。

午前中は、現役生強化を目的とした時間とし、普段ゲームをする機会が少ないという現役生に対し、OBOGからゲームを交えた熱い指導が行われました。
午後は、毎年恒例の現役生v.s.OBOGチームのトーナメント戦で親睦を深めました。こちらは、アラフォー世代が熟練の技を披露すると、現役や学生世代がボールにくらいつき若さとガッツを示すという、白熱した試合となりました。男子優勝は50期代チーム、女子優勝は現役スタメンチームでした。

その後、場所を移して二次会も開催されました。元顧問の鈴木先生と保戸塚先生も含めて、36名の方にお集りいただきました。各期の代表が順番に近況報告や学生時代の思い出をスピーチするなど、アットホームながらもバレー部の縦のつながり、横の絆を再確認できる場となりました。
また、その際には、保戸塚先生が3月末で早期退職され次のステージへ向かわれるということも発表され、感謝の気持ちをこめOBOGから花束を贈呈させて頂きました。保戸塚先生には長きにわたり女子バレー部をご指導いただきました。どうもありがとうございました。

今年度のOBOG会は、2018年3月25日(日)となります。皆様のご参加をお待ちしております。

部員・OBOG限定のfacebookページもございます。参加ご希望の方はご連絡ください。

バレーボール部OBOG会 広報 八塚愛子(42H)

201704バレーボール部OBOG会
201704バレーボール部OBOG会
201704バレーボール部OBOG会

10期 卒業50年記念『同期会』開催!『記念誌』制作!

2017年3月 記

※画像クリックで拡大表示

10期卒業50年記念『同期会』開催!『記念誌』制作!

海保透(10F)

59th成人式の集い

2017年2月 記

59th「成人を祝う会」を開催 1月7日

去る1月7日(土)、新橋の第一ホテル東京にて、附属高校59期生の成人を祝う会が開催されました。多くの59期生が参加し、盛大な会となりました。

今回、附属高校に勤務されている先生方はご都合が悪く欠席されましたが、元59期G組担任の若宮先生が出席してくださいました。

早いもので附属高校を卒業してから約2年経ちました。久しぶりに会う同級生たちは、スーツやドレスを着ていたからでしょうか、ちょっぴり大人びた印象でした。しかし、皆中身は変わっておらず、昔話に花が咲き、高校時代に戻ったかのようでした。ビンゴ大会も催され、豪華な景品が用意されており、景品をもらった人は喜んでいる様子でした。

第一ホテル東京での全体会の後は、各クラスでのクラス会が開かれました。全体会では話せなかったような、クラスならではの話で盛り上がりました。

卒業して以降初めて顔を合わせる友人も多かったのですが、そこは附属高校の卒業生だからでしょうか、約2年のブランクを感じさせず、高校時代と同じように話せたことに感動しました。附属高校で得た多くの友人たちを、これから先ずっと大切にしていきたいと思いました。

最後になりますが、成人を祝う会に参加してくださった59期生の皆様、59期担任団の先生方、そして第一ホテル東京の皆様、この度は本当にありがとうございました。皆様のおかげで無事に成人を祝う会を終えることができました。この場を借りて御礼申し上げます。

何かの機会があれば、このような会を開いていきたいと思っております。そのときはまた、どうぞよろしくお願いいたします。

59期同窓会幹事広報係 元3H 鶴 雄斗

59th「成人を祝う会」を開催
59th「成人を祝う会」を開催
59th「成人を祝う会」を開催

ホッケー部OBOG戦と新春懇親会

2017年1月 記

1月8日に恒例のOBOG戦及び新春懇親会が開催されました。 まずはOBOG戦。今にも降り出しそうなあいにくの空模様でしたが、会場の東大・駒場ホッケー場には12期から60期までの約80名が集まりました。4年前から会場を人工芝の駒場に移してからぐっと参加者が増えました。東大ホッケー部には常にOBが在籍しているので、グラウンド貸し切りもスムーズに手続きが出来ています。
現在、東大以外にも、早稲田大・慶應義塾大・立教大・上智大・横浜市立大そして京都大でホッケーを続けているOBOGがいて、当日も、その殆どが参加してくれたので結構レベルの高いゲームになりました。 また、2月には東京ホッケー協会主催のシニア大会があり、学附OBチームで参加を目指すことにもなりました。

夕方からは場所を渋谷に移して新春懇親会。懇親会には60名程が参加しましたが、昼間の試合と較べると平均年齢はやや高くなったようです。年代は離れていても、既に顔馴染みも多いのであっという間に和やかな雰囲気のなかで会話が弾みました。

ホッケー部は今年創部50周年・女子チーム20周年の節目を迎えます。昨年から準備を進めており6月には150名の規模での記念総会を開催の予定です。

ホッケー部OBOG会
会長 渡辺孝雄(12E)

ホッケー部OBOG戦と新春懇親会
ホッケー部OBOG戦と新春懇親会

NTTグループ泰山会が開催されました

2017年1月 記

NTTグループ泰山会は、NTTグループに勤める附高卒業生の集まりです。 有志の声かけにより、NTTグループ内に勤める附高卒業生の情報交換の場として1998年に発足し、現在は半年に一度開催されています。

今回は、2016年11月25日(金)に恵比寿のフレンチレストラン「トレ ブルー」で開催され、16期から54期といった幅広い年代の21名が集まりました。美味しいフレンチ料理とワインを楽しみつつ、業務の話題、スポーツなどの趣味の話題で大変盛り上がり、楽しい会となりました。また53期、54期の参加者が7名と多く、NTTグループ泰山会の輪が広がり続けていることを改めて感じさせる会でもありました。

NTTグループ泰山会では、NTTグループに勤めている方、以前勤めたことのある方、これからNTTグループに勤めようという方のご参加をお待ちしております。次回のNTTグループ泰山会は、53期の中田早紀さんと石田晃大さんの若手コンビが幹事となり、2017年5月19日(金)又は同24日(水)に開催予定です。

ご興味のある方は、廣瀬貴史さん(27期 NTT情報ネットワーク総合研究所)もしくは佐田敦彦さん(29期 NTTアクセスサービスシステム研究所 NTTグループ泰山会メーリングリスト管理者)までご連絡ください。

53期 佐藤孝輔

NTTグループ泰山会
NTTグループ泰山会

【バックナンバー】過去の<同窓生から>